新型コロナワクチン接種後の施術について

コロナウイルスワクチン接種後の施術について、注意事項をご案内させて頂きます。

【1】ワクチン接種後、1週間以上経過し、副反応がない場合のみご予約可能といたします。
(頭痛、発熱、倦怠感、腫れや痛みなどの副反応がある方は、施術のご案内を控えさせて頂いております。)
【2】 接種後副反応があった場合は、反応が治まってから1週間以降で、医師の確認をとってからご予約ください。

※2回目以降の接種を受けられた際も同様です。

※インフルエンザ予防接種も同様のご対応となります。
※ご来店時の体調チェックで、上記に該当する方は、当日施術をお断りする場合がございます。

皆様もご存知の事かと存じますが、予防接種のワクチンは、病原性を不活性化させた微量のウイルスや菌を元に作られています。それを体内の免疫の働きで抗体を作り本物のウイルスが入ってきても症状を軽くしてくれたり、かかりにくくする事を目的としています。急激にワクチンが体内に入ると、アレルギー反応が強くなったり、副反応が強くなる事も考えられます。

新型コロナウイルスワクチンに限らず、ワクチン接種当日は施術や激しい運動などを避けていただくのがお勧めです。人により硬結や熱感、腫脹が著明になる方がいて、もし施術で接触してしまうと、悪化の要因とされる可能性がありますので、接種部位に関しては、数日(1週間程度)触れない方が良いとされています。

なお、数日というのは、皮下注射や筋肉注射などによっても違います。

また、個人差も大きくあります。

すべてのお客様に安心してご利用頂けますよう、ご協力、ご理解のほどよろしくお願いいたします。今後も感染対策を徹底し、皆様のご来店をお待ちしております。