マスクに負けない肌へ

マスクの摩擦で起こる肌刺激

マスクを常にしていると擦れて肌荒れしたり、肌が痒くなったり、ニキビがひどくなったり……そんな症状でお困りの方。マスクトラブルに負けない美肌を作り、メイクをしなくても美肌!を目指しましょう!!マスクの摩擦により肌のバリア機能低下が引き起こす肌トラブルは、ダチョウの抗体を使った「Adsorb the beaute’(アドソーブ ザ ボーテ)」で対応できます!肌のバリア機能を高める『アドソーブ』、かゆみに対する『アドソーブAT』、ニキビに対する『アドソーブAC』の3シリーズがあります。

マスクに使われている不織布は意外と硬く、肌に摩擦が起こりやすいもの。摩擦による刺激は肌のバリア機能を低下させ乾燥や赤み、かゆみ等の肌荒れにつながります。

肌のバリア機能に重要な「セラミド」を分解してしまう体内酵素
「セラミダーゼ」の働きを抑えてくれる抗体を配合。肌自身でセラミドを生み出し、バリア機能の整った肌へ導いてくれます。

正常な肌でさえマスクの摩擦は刺激となる上に、もともとバリア機能が低下した肌には更に刺激となり、かゆみが悪化するという悪循環に…。

黄色ブドウ球菌の増殖やハウスダストが痒みの原因といわれ、その原因を抑えてくれる抗体を配合。化粧水+乳液+美容液+クリームの4つのケアが1本に。アトピー性皮膚炎の方はもちろん、普通肌・乾燥肌で痒みにお困りの方にも。

マスクで擦れると、更に刺激を受け、角質肥厚を起こしニキビができやすくなります。また、マスク内は湿度も高くなり、ニキビの原因菌であるアクネ桿菌が増殖しやすくなります。

クリーム状美容液で睡眠中にじっくりケアをする夜用スポットケアクリームです。適量をニキビに直接塗り、おやすみください。「殺菌」ではなく、「整菌」でpHバランスを整え美肌へと導きます。

いつもなんとなく同じ化粧品を使っていることが多いかと思いますが、それぞれの肌状態に合わせて使い分けることで、実感がはやくなるかもしれません!

サロンでは商品の購入もできますので、気軽にお問合せください!

関連記事

  1. ボツボツ毛穴の原因は紫外線!?

  2. 【※4/30(金)まで】脱毛ペア割!!

  3. 脂肪を燃やす?「褐色脂肪細胞」って何?

  4. 2021年紫外線対策!!

  5. 内側からのお手入れは外側のお手入れよりも効きがいい!?

  6. お肉の働きの違いと一緒に摂りたい栄養素

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。